ミナトヨコハマビズスタイル

ビジネスマンの応援サイト

英会話

英会話スクールの歴史が知名度に成っていまっています。【解説します】

投稿日:2020年9月8日 更新日:

英会話を習いたいので英会話スクールはどこがいいのか知りたい。

そもそも英会話スクールが選択肢としてベストなのか、情報があれば知りたい。

こういった疑問に答えます。

もくじ

1.英会話スクールが出来たのが58年前。形態はその頃と同じです【解説します】

2.英会話レッスンを受けるには、今の時代にマッチした新しい方式を採用したレッスンがおすすめです。

フィリピンでの仕事の為1年8か月の間住んでいた経験があり、現地の英会話教室でレッスンを受けたこともありました。英会話の必要性と、海外で生活したり、仕事をする上での英会話の大切さを解説します。

 1.  英会話スクールが出来たのが58年前。形態はその頃と同じです【解説します】

結論として、英会話スクールは昔の古い体質で経営を続けており、費用対効果は微妙です。30,40年前のように英語が話せることで高給がもらえる仕事がなくなったので、他の方法でレッスンを受けるのがいいです。

・某老舗英会話スクールがありますが、58年の歴史を重ねています。

・何人か通った人が知り合いにいますが、英語を話せるようになっていません。また、話せるまでにかかる費用はかなりの金額になったようです。

・30年、40年、まして50年前には英語が話せる人が少なかったので、「英語が話せる」イコール「給料の高い仕事に就ける」となっていましたが、今は帰国子女も多いので、英語が話せるだけでは、高給な仕事にありつけるわけではなくなりました。

・つまり、スクール式英会話レッスンにかける費用も、今の時世にあった効果が得られず最後まで続かないということが起こります。

・’80代末からテレビCMにて事業を拡大していったもう一社の英会話スクール運営企業がありました。大きな流れは、まだバブル経済の余波が残っていたので、各企業も社員研修に英会話レッスンを取り入れていたという理由がありました。

・2000年が近づくにつれ、不景気の波が押し寄せるようになり、スクールに通う人も少なくなっていったのと、英語が話せる花形職業もだんだんとなりを潜めていったことです。

・料金、体制、需要、等すべてにおいて今のシステムで構築されている英会話レッスンに遅れをとっている感が否めません。

 2.  英会話レッスンを受けるには、今の時代にマッチした新しい方式を採用したレッスンがオススメです。

結論ですが、「オンライン英会話」がオススメです。インターネットの普及でテレビ電話が無料で使える時代、このシステムを使わずして効率化は測れないと思います。英語を話せることだけで採用の基準になる仕事が少なくなっている今は、お試し的にレッスンを受けることが大事です。金額、機会ともに手軽に始められます。

・英会話はコミュニケーション手段なので、「対話」が必要です。オンラインで距離と時間の課題をクリアしている「オンライン英会話」がオススメです。

・30、40年前の英会話教室にはアメリカを始め、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドから来た講師がいました。もちろん日本に居住もしていました。

・そのころは日本の景気がまだよかったので、かなりいい給料をもらっていたようです。私がアルバイトしていたショットバーに毎日来ている外国人講師もいました。

・今は日本だけ、経済成長が遅れ、当時と同じ給与水準なので、経済成長した国の講師は母国に帰ってしまいました。つまり、今でも日本にいる外国人講師は何らかの個人的理由があるか、母国よりまだ日本の方が賃金が高い国の出身者である可能性が高いです。

・日本より賃金が安い国の英語講師はフィリピンを中心に沢山います。渡航費、日本の家賃が払えるなら日本に来たい外国人は山ほどいます。つまり、そのギャップをクリアしたオンライン英会話が一番コストパフォーマンスがいいです。もちろん現地での賃金もとても安いので、レッスン料金も安くなります。

まとめ

1.英会話スクールでのレッスンは50年以上前からの体制なので、今の時代にマッチしないと考えます。老舗の英会話教室もそのことを考慮してか、最新のシステムでのレッスンを提供してきています。

2.バブル経済時代をくぐってきた英会話教室事業は、とても儲かった時代をしっているので転換期を見誤った可能性があります。今は全盛期の頃よりも業績は芳しくないと見ます。

3.それは、今最新のシステムで事業を展開してきた企業に、料金、体制、需要、等すべてにおいて遅れをとっておりシェアは逆転していく可能性があります。

4.インターネットの普及による、距離、時間コストが省かれたオンライン英会話がオススメです。

5.日本より賃金が非常に低い国の講師を雇えるし、現地での賃金体系で、講師を獲得できるからです。

6.現地に工場を建てて、人件費の安い労働力を使って安く生産した生産物を日本で売って大きな差益を得る事業が英会話教室でもおこなわれているようなものです。

関連記事

-英会話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英会話の勉強法は「洋楽を歌う」です。【冗談のようでホントです】

英語を勉強するのにおすすめの方法を知りたい。もしタダの教材などで勉強できるならばその情報が知りたい。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1.英会話の勉強法は「洋楽を歌う」です。フィリピンの英語講師か …

英会話を独学する方法でオススメはやはり英語で会話をすることです。

英会話を学びたいけど、英会話教室や教材にお金を出しても、本当に話せるようになるのか心配です。独学で学ぶのに何かいい方法があれば知りたいです。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1. 英会話を独学する …

レアジョブオンライン英会話は、コスパ、レッスン面でベストです。

レアジョブというオンライン英会話スクールを始めてみたいけど、料金、レッスン時間など、ちゃんと続けられか、情報があれば知りたい。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1.レアジョブ英会話のレッスンで、コ …

英会話レッスンでオススメはオンライン英会話です。コスパ高いです。

英会話学習をスタートさせたい人 「英会話学習の方法でオススメは何があるか知りたい。というか・・・そもそも英語が話せると何が変わるのかの情報があれば知りたいです。」 こういった疑問に答えます。 もくじ …

「レアジョブ」の英会話で英語の生活を体験するのが英語を話すコツ

英語が話せないと、今後の人生で損することがあるのか心配です。安いけど、英語のレッスンはレアジョブがいいと聞きましたが本当にいいのか知りたいです。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1. 英語を話すよ …