ミナトヨコハマビズスタイル

ビジネスマンの応援サイト

配送 ドライバー

配送ドライバーの年収は色々言われているけど結構貰えます【実録!】

投稿日:2020年9月26日 更新日:

配送ドライバーでもやってみたいけど、年収がいくらになるのか知りたい。というか仕事もキツイって言われるけど、どんな仕事なのか情報があれば知りたい。

こういった疑問に答えます。

もくじ

1. 配送ドライバーの年収は大手会社に勤めている正社員程度の給料です。

2.体がキツイと言われます。考え方を変えれば、どんな仕事でもキツいですね。

この記事を書いている私は、冷凍・冷蔵食品を主に運んでいる配送ドライバーを行っていた時期がありました。頑張っていた時期は月収額面40万円強になり、貯金も早めに貯めることができました。配送ドライバーの仕事に就いていた経験について解説します。

1. 配送ドライバーの年収は大手会社に勤めている正社員程度の給料です。

結論から言うと、東証一部上場企業の食品商社で勤めていた時と給料はあまり変わらなかったです。その時の給与の明細の現物を貼っておきます。

(各項目については企業の秘密事項に触れる恐れがあるため、伏せておきます)

総支給額 416,500円

・ただし、食品商社の時は、賞与が全然違いました。若かったころにもかかわらず、年収は明らかに食品商社のほうが多かったです。

・食品商社の社員として、配送を依頼する立場から、配送をする側になってわかったことは、自分の代わりにクライアントの店舗に冷凍食品を配送してくれていた当時の配送担当のドライバーへの感謝です。自分が経験して初めてわかる有難さ。

・そして配送を担当するようになってわかったこと、それは、食品商社営業担当として頑張っていた自分へのねぎらいの気持ちでした。誰もほめてくれることはなく、淡々と時が流れていた営業時代、若さゆえ未熟ではあったものの、企画書の作成の為、夜中まで、または徹夜で仕上げたことも何度もありました。人は一人で何も成し遂げられないという勉強をさせてもらいつつ、尚且つ給料ももらえると考えると、額に文句はないです。

・給料に見合うかどうかは、自身の問題ですが、配送ドライバーの給与は世間一般でみると、決して少なくはないと思います。ただし、体力的な事もあるので、ずっと続けられるかというのは、人それぞれですね。

2. 体がキツイと言われます。考え方を変えれば、どんな仕事でもきついことはあるものですよね。

結論ですが、それでも、トラックはアクセルを踏めば何トンもの荷物を積んで前に進みますし、重い荷物は台車で運びます。高さのあるトラックに何百kgもの台車付きのかごをパワーゲートというリフターで持ち上げて荷台に格納することだってできます。

・力を必要とする仕事であればあるほど、人間が持ち上げられないほどの荷物であればもちろん機械を使って、台車を使って、運べるような世の中です。

・体の負担は重たいほど大変だという職業ではなくなっています。コツをつかめばそのコツが差別優位性(他人との能力差)となって、唯一無二の自分になればなるほど給料は上がっていきます。

よくある質問:「歳をとるごとにしんどくなってやはりずっと続けることが難しくなるのではないですか?」

こういった質問があると思います。

・先輩で何人かのひとが65歳を超えて未だ配送をされています。

・もう、世間の常識から考えてみたら、定年退職の年齢です。それでもトラックに荷物を積んで、朝早くから配送に出かける姿をみるたび、気持ちで負けないことが一番大事なことだと思いました。

・配送ドライバーはもちろん車の運転だけではなく、荷物を積み、運び、荷を下ろす作業がありますし、日報という報告書も書きますし、車の洗車もします。雪の降る日はタイヤチェーンもまきますし、時には早出して、新しい配送のコースを覚えることも必要になります。

・何か特別な技術をもっているわけでなく、しかも将来の自分はどんなことをやったらいいか、まだ見当がつかないという人は、配送ドライバーを一度人生の中で経験しておくのは、悪くはないのかなと思います。

・人生でつまったときに、もちろんないことを祈りますが、経験があるということは、その仕事をやってみようという気にさせてくれますし、自分の背中を押してくれる事になります。

・食品商社時代、冷凍食品の特売セールをしょっちゅうやっていたクライアント・スーパーマーケットの為にトラックで荷物を運んでいたことが何度かあったので、3年前、フィリピンから帰ってきたものの仕事がなかった自分に、配送の仕事をやってみようという決心をさせました。大変な仕事だと認識はありましたが、食品商社時代の経験がなかったら、もちろんやろうという気にはならなかったと思います。

※お金がなくて、どうしようか悩んでいた私に収入を与えてくれ、過去の自分にねぎらいの言葉をかけるきっかけを作ってくれた会社です。

株式会社フォーユー 

まとめ

1.配送ドライバーの給料と、過去自分が食品商社で働いていたころの給料はあまり差がありませんでした。

2.何かにつまって、何か選択肢を選ばないと不安に襲われるとき、経験をしておくと一時でも自分を救ってくれるものがあり、その一つが配送の業務です。

3.今、就職することに大きな障壁が立ちはだかる現実社会で、何かしたいけど、何も見つからないという状況であれば配送の仕事を経験するのも一つの手だと思います。

4.配送ドライバーは人生の転換期である「帰国」という状況の中、「生きる」ために選択をした職業です。

5.経験しておいて決して損がないと思える職種です。

-配送 ドライバー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

配送ドライバーの志望動機を履歴書に書くときは本音で勝負します。

配送ドライバーの仕事の応募履歴書に志望動機を書く欄があるけどなんと書いたらいいか知りたい。本音を書いても採用されないと嫌なのでどうしたらいいだろう? こういった疑問に答えます。 もくじ 1. 配送ドラ …

業務委託の配送ドライバーは、事業主ということです【解説します】

配送ドライバーとして就職することも考えるけど、業務委託で仕事をするのもありかなと思う。そもそも配送業務委託ってどうすればはじめられるのか知りたい。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1.  業務委託 …