ミナトヨコハマビズスタイル

ビジネスマンの応援サイト

フィリピン起業

フィリピンで起業成功するには先ずはフィリピン居住します。(1)

投稿日:2020年12月23日 更新日:

海外での起業に挑戦してみたい。経済成長著しいフィリピンで起業してみたいので情報を知りたい。何か上手くいく方法があったら知りたい。

こういった疑問に答えます。

もくじ

1. フィリピンで起業するにはまず自分の現地情報を自身で確認することが必要です

この記事を書いている私はフィリピンに20か月居住し、その間フィリピン現地の日系企業で働いていて、経理含め、全般を管理していた経歴があります。

フィリピン起業について解説します。

1. フィリピンで起業するにはまず現地情報を自身の経験を以て確認することが必要です。

結論ですが、フィリピンで一番信用できないのが現地に長く住む日本人です。解説します。

・ごく少数ですが、フィリピンに住む日本人の中に、新たにやってくる日本人相手に商売をしようとする人達がいます。それ以外の大多数の日本人は現地日系子会社で働く人達など普通の日本人ですが、ごく少数の、その日本人が自身の身入りが欲しい為、新たにやってくる日本人との接触の機会を狙っています。

・つまり、新たにフィリピンに向かう人に対しては、こうしたごく少数の日本人が意図して接触する為、当たる確率が高くなります。

・かつては「じゃぱゆきさん」と呼ばれる日本のフィリピンパブで働く女性の斡旋業で商売をしていた人達が、今、その商売がなくなったのをきっかけに、新たにフィリピンにやってくる日本人相手に、「起業の仕方」などを“Agent”として手助けする商売を始めています。

・2005年に日本に渡る興行ビザ発給の審査基準が厳格化されたことにより、この商売は事実上できなくなりました。こうしたことにより、フィリピンで斡旋業をしていた日本人は収入の道を失い、現地に残って何らかの収入の道を得なくてはなりませんでした。

・今、その人達は年齢70歳前後となっています。彼らはパブ譲の斡旋をやっていただけなので、ほとんど職能をもっていたりすることはありません。なので、仕事がなく、何か食い扶持を持たないとフィリピンでの生活が成り立たないのと、残念ながら日本に帰って来たくても帰るところがないというどっちつかずで選択の余地もない状況です。日本の生活拠点を整理してフィリピンに渡ってしまった為です。

・こうした人が、日本語と現地の言葉のタガログ語(英語もできる)を駆使して通訳的な役割を得て報酬を得ています。しかしその機会は少なく、努力してもさほど多くなりません。

・本題に戻ります。つまり、こうした人達がいるので、まず自身で現地に住んでみて「検証」していきます。つまり、自身の体験としてのフィリピンを得るのが安全な道をいく最適解。

・情報はインターネットを開けばいくらでも出てきます。ただし、その情報は正しいのか、間違っているのかは本人の体験からしか得られません。私の体験で、「誰も教えてくれない細かな点が結局一番大切なことだった」と、住んでみて改めて分かったことがあります。僕には長年の友人が現地に住んでいて、聞けばなんでも教えてくれますが、彼も自身の生活圏のことが分かるだけです。それはもちろん私が知らないことが圧倒的に沢山ありますが、彼にはない経験を私もしたので、その点は、彼が知らないところではあります。

・上に登場させた「ごく少数の日本人」の人もその道では“Professhonal”ですから、本当の自分を出さずに近づいてきます。しばらく様子をうかがってないと本当の彼らの姿はみえません。情報を得ずフィリピンに渡って商売を始め、「いよいよ」という状況になって突然本性を出して来たりします。または、あなたの事業資金を持ち去って突然姿が見えなくなったりします。

・日本人以外にも頻度の点ではそれほど多くはありませんが現地にいる他の外国人、そして現地のフィリピン人も時として事業開始の妨げの要因になったりします。私のパートナーは、現地法人の代表の代理人である韓国人に多額のお金を騙されて盗られました。お金を取られるなんて馬鹿だ!と思われるかもしれませんが、それは外国で起こることなのでこの記事を読んでいるあなたが創造もつかないことが起こってそうなります。それは、身内として無警戒に成らざるを得ない家族から起こることもあるからです。

・日本人は同邦の日本人の言葉を信じないで、他国の人間の言葉を信じやすい傾向もあります。言葉が分からないのに、日本人特有の曖昧な認識のまま外国人の言葉に「承知」してしまうことです。先ほど登場した「ごく少数の日本人・・・」は現地人です。日本人であっても現地に住む外国人と思って接している方がいいです。現地に住む本当の日本人とは色の違いなどで見分けがつかないので厄介です。

・あなたが「起業したい」という”匂い”を周りにまき散らせば寄ってくる日本人がいます。その人達には気を付けてください。その人達から紹介される現地のフィリピン人などにも気を付けるようにするといいと思います。

・現地に生活するのは別の記事を上げておりますのでそちらを参照してみてください。3か月程度なら楽に過ごせるので「英語の短期留学」として現地に住んでみてください。生活するのに準備が必要です。宿泊(居住地)が一番の要点になると思いますが、”Air BnB” https://www.airbnb.jp/ というサイトが一番適切かと思われます、一か月3万円代で部屋を借りることができます。食事代として毎晩飲んだりしなければ、日本で外食だけの生活する金額より少し多いくらいになります。

・起業の為、一気に渡航して向こうに住み始めるより安心・安全に起業への足掛かりが確認できます。またこの間に税務担当してもらえる信頼できる会計事務所や、会社設立までを手伝ってもらえるエージェントなどを見つけておくことをオススメします。お金がかかりますが、日本で起業する場合でもかかる経費なので、ケチらず信頼できる事務所を探しておく必要があります。

・友人など、信頼出来る知り合いが現地で働いているのなら、紹介してもらうのがいいと思います。日系企業で働く友人なら、その企業と付き合いのある会計事務所であったりと、フィリピンに何の伝手もない人が自力でさがすより100倍安全です。何のコネもない人はフィリピンで自力で探すのは危険です。

・現地のフィリピン人で、日本語を上手く話す人は日本人に関わり合いがある人です。ただしそれはいい関わりならいいですが、悪い関わりを持っている者もいます。だからよくよく気を付けてください。女性だからといって安堵して付き合わない方がいいです。特に日本人男性に近づいてくるフィリピン人女性には気を付けましょう。若い女性にモテるといった裏には何かあると思ってください。フィリピン人だって人間です。親ほども離れただらしない身体をした男性に興味があるわけがありません。あなたのお金が目当ての場合がほとんどです。もう一度言います「お金目当てがほとんどです」。

・日本語を話すフィリピン人男性にはもっと気を付けてください。あなたがフィリピンで起業したいという言葉を口にした後は、特に気を付けて下さい。ゆえに、この下見渡航期間は、正体を明かさずに「英語留学で来ている」「英語が話したいので来た、お金は持っていない」という体裁がもっともいいと思います。

長文になりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

Masa

関連記事

格安航空券・長期海外居住なら エアトリ


-フィリピン起業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィリピンで起業するには、先ずフィリピンに居住してみます。(5)

海外での起業に挑戦してみたい。経済成長著しいフィリピンで起業してみたいので情報を知りたい。何か上手くいく方法があったら知りたい。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1. フィリピンで起業するにはまず …

フィリピンで起業成功するには、まずはフィリピンに居住してみます。(2)

海外での起業に挑戦してみたい。経済成長著しいフィリピンで起業してみたいので情報を知りたい。何か上手くいく方法があったら知りたい。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1. フィリピンで起業するにはまず …

フィリピンで起業するには、先ずフィリピンに居住してみます。(4)

海外での起業に挑戦してみたい。経済成長著しいフィリピンで起業してみたいので情報を知りたい。何か上手くいく方法があったら知りたい。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1. フィリピンで起業するにはまず …

フィリピンで起業するには、先ずフィリピンに居住してみます。(3)

海外での起業に挑戦してみたい。経済成長著しいフィリピンで起業してみたいので情報を知りたい。何か上手くいく方法があったら知りたい。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1. フィリピンで起業するにはまず …

フィリピンで起業するには、先ずフィリピンに居住してみます。(6)

海外での起業に挑戦してみたい。経済成長著しいフィリピンで起業してみたいので情報を知りたい。何か上手くいく方法があったら知りたい。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1. フィリピン起業について書いて …