ミナトヨコハマビズスタイル

ビジネスマンの応援サイト

海外移住

海外生活をしている人が日本に帰りたくなるのは日本人だからです。

投稿日:

海外生活を始めた人が日本に帰りたくなる気持ちになるのが理解できないです。海外で生活してみたいと思っていますが少し不安に感じます。海外生活している人が日本に帰りたくなる理由が知りたいです。

こういった疑問に答えます

もくじ

1. 海外生活を送っている日本人が日本に帰りたくなるのは日本人だからです

2. 日本人は、海外に行って初めて日本の良さに気づきます。

この記事を書いている私は、20か月の間、フィリピンに仕事をしながら住んだ経験があります。現地で仕事をしながらの居住について、これから海外で生活したい人に向けて情報発信をしていきます。

1. 海外生活を送っている日本人が日本に帰りたくなるのは日本人だからです

結論ですが、日本人だから海外生活を始めてみて、初めて生活に不便さを感じます。

・まず、日本は経済面で上から数えた方が早いほどの経済力があります。そして何よりも、ありとあらゆるものが揃っているので、「何不自由ない生活が送れる数少ない国」です。

・そして普段は意識しない事ですが、生活に不可欠な「衣・食・住」が大変充足している国だということです。日本で当たり前なことは、往々にして他国ではとても困難なことがあります。

・先ずは食事です。日本では一人暮らしでない限り、自分以外の家族の誰かが料理ができれば、スーパーで買い物をして食卓に家庭料理が並びますが、残念ですが、スーパーで日本のように食材を買い求めることすらままならない国も存在します。食事を作るより、屋台などで売っている総菜を買ってきた方が安上がりの場合もあれば、それだけではお腹が満足せず、種類多く買ってしまうこともあります。結局日本食と同じくらいの食事代を使ってしまいます。

・住居ですが、極端な話、夜、電灯を点けたくても電灯がない家庭が結構多い国がありますし、電気代がまともに払えないので電線から勝手に引き込み線を引っ張りこんで「盗電」をする市民がいたりします。

・温かい国などは、夜でも寒くならないので、ザコ寝できる程度の家で一生暮らして行く人々もいます。

・着るものについてですが、「衣」に関して言えば、これは流石に裸で過ごす人はいません。Tシャツすら買えない(もらえない)人もいないので、大概ここに関しては貧富の差はぱっと見では分からない程度です。しかし、服は着ていても、靴が買えず、アスファルトを裸足で歩いて生活している人が見受けられます。

・そして何よりも、こうした衣食住が満ち足りているということは、そこに製品を販売できるマーケットの存在があり、経済的に購買が進む市場がなければ販売者も存在しないということです。

・日本はそれがパーフェクトであると言えます。世界の中の、何か国かしかない、そういう国だということです。

・日本にしか住んでいない大半の日本人は、こうした何不自由ない生活を今まで送ってきてしまってます。貧しい時代の暮らしを経験した世代はもうほんの僅かになってきてしまっていることも事実です。そうした人が外国での初めての暮らしは不自由があって当然だといえます。

体験談:「今は日本のコンビニでもタダで貰えなくなった持ち手付きビニルバック」

・フィリピンではもともと環境にやさしい生活を国を挙げて目指していた経緯もあり、持ち手付きビニルバック(現地では”プラスチックバック”)ではなく、コンビニでも昔懐かしい紙バック(持ち手のないもの)に入れてくれます。

・買い物するものによっては、非常に困る場面がありました。それは、1.5ℓのジュースなど飲料を2本以上買うときでした。暑い外気と冷えたペットボトルとでペットボトルが汗をかきます。家に帰るまでに紙バックはボロボロに濡れて破れるか、途中で捨ててしまいます。

・この時にはフィリピン政府を恨みました。野菜などをスーパーで買っても、破れてきますし、ビニルの強度が恋しい日々を過ごしました。ただ、不織布の、持ち手がついたバッグを販売してくれる店はありました、すこし高かったですが本当にありがたかったです。

・「コンビニの店員さん!いくら二重に紙袋をしてくれてもさー、破れてしまうだろ?こんな重いジュースを買うんだ!タダとは言わないから、せめて店に設置しておいて、ね!」と思ったことが何回もありました。

・今の日本の「袋一枚3円」にも腹が立ちますが・・・・。

2. 日本人は、海外に行って初めて日本の良さに気づきます。

結論は・・・言うまでもありませんが日本が良い国だと、海外で初めて感じます。

・この頃は、外国人ユーチューバーが、日本の良さを自国の文化と比較して“日本ベタ褒め”番組をYouTubeで流しています。本心はどうか、難しいところですが、逆の経験則を持つ私が申しましても、「やっぱり、日本が最高でしょう!」ということに尽きます。

・もちろん、他の国には日本が劣るほどの文化や歴史、果ては日本より進んだ機械工学なども分野別に最先端の国もあります。

・ただ、圧倒的な住みやすさ、快適な交通網、食事のレベルの高さ、そして何よりも安定した政治体制などが日本に帰りたい心の本根だと思います。

・それも、実は海外に出て、日本を比較する対照が出来たからだと思いました。比較して初めてわかる日本の良さ。そして何よりも、その質がどれも相当高い。しかし、残念ですがその製品は安く(海外にも)売られてしまっている為、日本人は利益を相当損している気がします。日本株(日経平均)はアメリカなどの株式(ダウ工業株価平均)と約100倍の値段差が生じていると睨んでいます。まー、100倍はおかしいですよね。

・そして、アジアの中でも物価の高いシンガポールなどには言うに及ばず、今では物価を考えたら、日本って、東南アジア圏と比較したとしても、相当安い物価を示しています。バンコク、クアラルンプール、ましてマニラなどと比べても、日本は物価が安すぎるのかもしれませんね。

・そんな夢のような生活を送ってきた日本人だからこそ、海外に出た時に初めて「日本に帰りたい」とホームシック気味な生活を送ってきてしまうのかもしれません。それは、「日本生活最強説」だと勝手に解釈しております。

長文、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事

-海外移住
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外生活したい人、現地での仕事が出来るよう、日本で探します。

海外生活してみたいけど、やはり仕事を現地で見つけないと生活できないから、海外で何か仕事を見つける方法がないか知りたい。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1. 海外生活をするには、日本で仕事をしても …

老後、海外移住するには日本人の生活習慣を我慢すればOKです。

老後に海外に移住して暮らしていけるのか本当のことが知りたい。快適に過ごすのであれば、どこの国がいいのか知りたい。 こういった疑問に答えます。                               …

海外に移住するには、年金収入だけでは少々不足するかもしれません。

リタイア後に海外に移住して年金だけで暮らしていけるのか本当のことが知りたい。快適に過ごすのであれば、どうしたらいいのかが知りたい。 こういった疑問にお答えします。 もくじ 1.海外に移住するには、年金 …

海外生活で必需品となるものは、お金と情報を得るための手段です。

海外生活を始めるのに日本から持っていかなくてはいけないような必需品がありますか?無いと生活していけないような必需品の情報があれば知りたい。 こういった疑問に答えます。 もくじ 1. 海外生活していく上 …

海外移住する方法で一番大事なこと。今年のコロナ禍が教えてくれた。

【海外に移住したいと思っている人】 海外移住してみたいけど、現実はどんなことをすれば海外に移住できるのか知りたい。というか、そもそも海外に移住するのに準備することはどんなことがあるのか情報があれば知り …